その10「乳製品・卵の摂取(4年前断念。1年間継続)」

その10 画像1_R

・好物のオムライスも食べられない

今は解禁したが、以前1年間だけ「乳製品と卵の摂取を禁止する」ということをやったことがある。

当時勤めていた会社の関連会社であるクリニックで、食物の慢性アレルギーを調べた結果、乳製品と卵に高い反応が出たことから、一被験者として半年間、摂取を断つことになったのだ。

週に一回程度はOKとのルールだったが、これがなかなか厳しい日々だった。

まず、洋菓子類や甘いものはことごとくアウト。好物のオムライスも食べられない。

ちょうどその時期にハワイ旅行に行った際には、私だけ楽しみの半分以上が失われていたようなものだった。

その10 画像2_R

・犠牲にしたことも数知れず

さすがに3ヶ月くらい経つとだいぶ慣れてはきたものの、食事は和食中心(卵焼きはダメ)、お菓子ももっぱらかりんとうやせんべいなどの和菓子系だけの生活は、やはりどこか味気ない。

家族や親族も私を「面倒な人間」として扱うようになっていた。例えば昼ごはんに妻が卵料理を用意してくれても、私一人だけのために別に違うものを用意しなければならない。せっかくの誕生日のお祝いであっても、一人だけケーキを食べずにお茶を飲む。

皆さんの周りに、そんな人間がいたらどうだろうか。

被験者としての日々が終わり、幸い数値も安定してきて、それによって体の調子も幾分かはよくなった時期が確かにあった。

でもその分、犠牲にしたことも数知れず、この食のバラエティーに恵まれた現代日本で継続するのはちょっと不可能に近い習慣なのではないだろうか。

かつての同僚の皆様の中で、もしまだ乳製品と卵を絶っている方がいたら、ぜひ教えてほしい。その方には心から尊敬の念を抱くであろう。

(了)

 

One Comment

  1. Pingback: その9「カルヴァンクライン(継続中。7年目)」 | WEBぱるマガジン

コメントを残す