Author Archives: 樹源綾

4. 中学・高校の思い出

小学校が終わろうとするころ、私にもやっと一人友達ができた。中学ではその子と一緒に合唱部に入った。 その合唱部は、全国大会の常連で、常に上位入賞を果たしていた。 それほどのところなので、顧問の先生も先輩も厳しく、誰もが人と

/ One Comment

4. 中学・高校の思い出

小学校が終わろうとするころ、私にもやっと一人友達ができた。中学ではその子と一緒に合唱部に入った。 その合唱部は、全国大会の常連で、常に上位入賞を果たしていた。 それほどのところなので、顧問の先生も先輩も厳しく、誰もが人と

/ One Comment

3. ひいばあちゃんがいる

私のひいばあちゃんは、90を過ぎている。 足や腰が衰えてあまり出歩けないし、耳もすっかり遠くなってしまった。腰が曲がりすぎて普通の杖は使えず、500mlのペットボトルを杖代わりにして家の中を歩いている。最近は色々と忘れっ

/ One Comment

3. ひいばあちゃんがいる

私のひいばあちゃんは、90を過ぎている。 足や腰が衰えてあまり出歩けないし、耳もすっかり遠くなってしまった。腰が曲がりすぎて普通の杖は使えず、500mlのペットボトルを杖代わりにして家の中を歩いている。最近は色々と忘れっ

/ One Comment

2. 注意欠陥多動性障害(ADHD)という病気

私は平成9年の秋、みんなに愛され長女として生まれた。しかし、少しずつ成長していくにつれ、人と違うことがわかった。 空気の読めない自分勝手な行動が目立ち、友達ができない。これは、小さいときから今まで、ずっと私を苦しめている

/ One Comment

2. 注意欠陥多動性障害(ADHD)という病気

私は平成9年の秋、みんなに愛され長女として生まれた。しかし、少しずつ成長していくにつれ、人と違うことがわかった。 空気の読めない自分勝手な行動が目立ち、友達ができない。これは、小さいときから今まで、ずっと私を苦しめている

/ One Comment

1. 福島県の福島市に住んでいる

私が住んでいるのは福島県の福島市。自然豊かでのどかな、どこにでもありそうな普通の街だ。 家の窓からたまに新幹線が通るのが見える。綺麗な吾妻山も見える。春になり雪が溶けかかるころ、吾妻山の雪がうさぎの形に残る。昔はこれが見

/ One Comment

1. 福島県の福島市に住んでいる

私が住んでいるのは福島県の福島市。自然豊かでのどかな、どこにでもありそうな普通の街だ。 家の窓からたまに新幹線が通るのが見える。綺麗な吾妻山も見える。春になり雪が溶けかかるころ、吾妻山の雪がうさぎの形に残る。昔はこれが見

/ One Comment