13.所変われば、車も変わる

・日本車はあるところにはある。ないところにはまったくない

ここ東海岸では、さまざまなメーカーの車が走っている。

アメリカの会社の車は勿論、ドイツ車やトヨタ、ホンダ、ニッサン、三菱などの日本車。

感覚的に言ったら、半分近くは日本車じゃないか?と思えるぐらい日本車が走っている。

別に日本人が多い地域ではない。

単純に日本車は良く作られているから、皆買うのだろう。

車種も色々。

セダンやSUV、ワンボックス、2ドアセダンなどなど様々。

 

都市部を一旦離れると、町の様子が変わるのは当然なのだが、走っている車もまったく異なってくる。

以前嫁さんの実家がある中西部(アメリカの中部と西海岸の間のエリア。

アイダホ州、ワイオミ州、ネブラスカ州などを指す)に里帰りしたらビックリ。

日本車なんか一台も走ってない。殆どがアメリカ車。

 

中西部は、こちらの人々が言うように、どちらかというと田舎と考えられるエリアでもあるから、保守的な人が多い。

だからやはり国産車を選ぶのだろうか?と勝手に推測してしまう。

ピックアップ車

・ピックアップ車天国!?

しかしもっと驚いた事に、走っている車のメーカが違うだけでなく、車の車種までも全然違う。

街中で車をみると、殆どピックアップ車しか走っていない。

セダン、ワンボックス、SUVなんて本当に見かけない。

これには本当にビックリした。

なんでだ?この地域ではピックアップ車しか売ってないのか?わざとやっているのか?と思ってしまうぐらいピックアップ車しか走っていない。(画像を見てみてください、本当にそうでしょ?)

 

義理のお父さんに聞くと「うん~、なぜかってそりゃピックアップ車が便利だからだろ」と、全然答えになっていない回答が返ってきた。

そういう事を聞いてるんじゃないんですけど、お父さん!(勿論お父さんの車もピックアップ車!)

 

色々と聞いてみると、やはりそれぞれの地域特有の好みや需要というのがあるらしい。

ただでさえ広い国の田舎町だから、舗装されていない道路もある。また田舎だと、農業をしている人も多いから、色々と後ろに乗せられたり、牽引できる馬力のある車が好まれるらしい。

 

そんな地域では「やはり馬力のある力強いピックアップこそ、男が乗る車ッ!」というイメージまであるらしい。

だからそんな場所では、男がワンボックスやセダンなんかを運転するのは、到底受け入れられないと考える人もいるらしい。

 

非常に広い国だから、地域性ってのが本当にあって、それぞれがまた強い。

この国は一括りに出来ないと聞いた事あるけど、それは本当ですよ。

 

14.バイオリン に移動

 

One Comment

  1. Pingback: アメリカ住み主夫だけど、スタローンとか見つからないのな⑫ | WEBぱるマガジン

コメントを残す