第4回:波とミックスジュースの話①

1話 どんな複雑な波も基本の波に分解できる?

はかま先生 どんな複雑な波もきれいな波に分解できるんじゃ。

ルイちゃん 先生 全然わかりませんコトヨ。

はかま先生 人間の目では、見ることはできないんじゃが、現代は、周波数解析機というものがあるんじゃ。

英語ではFFT(エフエフテー)というんじゃ。

つまり高速フーリエ変換器(Fast Fourier Transform)というんじゃ。

下記の写真を見てくれんかの。

1r_waifu2x_art_noise3_tta_1FFT(高速フーリエ変換器)

ルイちゃん 高速フーリエ変換 なんじゃそれ?トランスフォーマ?

はかま先生 フーリエ(ジョセフ・フーリエ)とは、フランスの物理学者の名前から取ったものじゃ。

フーリエという物理学者が、複雑な波も単純な基本的な波のサイン波やコサイン波に分解できるといったんじゃがね。

当時、1700年代後半、フランス革命からナポレオンが台頭し統治していた時代でこのフーリエ解析は、当時、全く理解されず、約130年後のアメリカのベル研のクーリとターキという両博士が、フーリエ解析は素晴らしい、と賞賛シタたのじゃ。

まと君 フーリエは、ナポレオンの友人だったという一説がありますヨネ?

はかま先生 フーリエは、どんな複雑な波も単純な波に分解できるとは、どのような複雑な問題も解決できるとシタラ?もし、フーリエがもしナポレオンにそのことを話したとシタラ?

まと君 エー、そういえば ナポレオンは、「余の辞書に不可能という文字はない。」と言っていますが、ウェーまさかそのことがフーリエの波の解析の話からだとすると、先生これは、本当だったらすごいことですよね。>>>>>

ルイちゃん 2人で何― 盛り上がってんの。私はなんか全然わかんない。

そもそも、ナポレオンは、何者なの?何故、彼は皇帝に上り詰めたの?

まと君 さすが、先輩いい点をついてきたね。

ルイちゃん またー、おだてるんじゃないよ。

はかま先生 そもそも、ナポレオンは、若い時から軍の数学者で砲弾の軌道計算を一生懸命にやっていたらしい。

つまり、敵地に向け大砲の砲弾が計算上通り敵側に当たれば敵を打破できるのだ。

命中すればするほど戦いに勝っていけるわけじゃよ。

得意な数学が彼を皇帝にのし上げたと言っても過言ではないのだよ。

ルイちゃん 先生、そろそろ本題にもどりましょうか

はかま先生 そうじゃったのう。 フーリエ解析とはどのような事なのか本題に行こう。

第4回:波とミックスジュースの話
2話 フーリエ解析とは

 

One Comment

  1. Pingback: 第3回:波の性質から教えられること⑤ | WEBぱるマガジン

コメントを残す