第2回:取り巻く波っていったいなんだろう?①

1話 個性(ユニーク)ある登場人物のご紹介

2-1a

「物理・量子力学・経営・生き方・ブレない秘策。つまり「引き寄せの法則」のしくみ」を出稿するにあたり、物理や量子力学の工学書は、数学の数式がたくさん踊っておりその結果、結論は、なんなのかぱっと読んだだけでは全くわからない本が多いのかもしれません。

従って、出来るだけわかりやすくしていくために登場する人物たちの「対話」の中で物理や量子力学から何が得られるのかまた、親しみやすくまたユーモラスに紐解いていきたいと考えます。

そのことが、経営や生き方または哲学や宗教をも凌駕する重要なことを発見できるようになりその後の「豊かな生き方」に繋がればと期待します。

まず、架空の個性ある登場人物の3人からご紹介します。

 

1.袴田源之助(はかまだ げんのすけ) 

日本東京大学 物理学部電子工学科揺らぎ研究学科 名誉教授 通称 はかま先生

年齢 52才 身長 175㎝ がっしりタイプ 紋付袴(もんつきはかま)で講義や研究ゼミに登場する。

性格は、普段は、おとなしいけどたまに厳しく怒ったり逆に優しかったりする人間味あふれる個性派先生。

スポーツ万能というよりとりあえずかじっている感じで例えば、テニス硬式10年、沖縄空手4年初段

スキューバダイビング歴7年、ゴルフ歴3年、スキー歴3年らしい。

更に、 子供は2人いるらしい。

趣味は、絵画は、油絵、 カラオケは、英語の歌が好き。

旅行は好きで、暇あれば海外や国内旅行に出かける。

登山も好きで富士山に数回登っている。

日本国内だけでなく世界中に講演活動しその他、仏教と量子力学のコラボ講演の実績があり、経営や物流コンサルタントとしても企業に経営指導し超多忙な活動をしている。

 2-1b

2.佐々岡 ルイ (ささおか るい) 通称(るいちゃん)

日本東京大学 物理学部電子工学科ゆらぎ研究室 研究生兼コーディネータ

身長 170㎝ 目パッチリのスレンダーボデイーの持ち主。

性格 天然ボケで頼りなくおおざっぱでかなり世間知らずのうえにあまい性格。

だが、人一倍好奇心旺盛

が特徴。まだ、将来が決まっていないが大学院へ進み「ゆらぎ研究」で博士号を漠然ととりたいと思っている。

趣味は、料理、特にメキシカン料理にはまっている。

ゼミやコーディネータで忙しくボーイフレンドは、現在、いないらしい。

 2-1c

3.的場 陸徒 (まとば りくと) 通称 (まと君) 

日本東京大学 物理学部電子工学科ロボット工学研究室 研究生兼コーディネータ

年齢 19歳 身長 162㎝ 太目の体格 丸顔でメガネ かなりド近眼

性格 おたくで堅物で暗さが漂う。

結構、他人にきびしいことを言うし融通がきかないところがある。

ロボットや電子工学にやたら詳しい。

ルイちゃんの後輩でもある。

将来 人工知能型ロボット開発事業で世界企業を作りたいと漠然と思っているらしい。

スポーツ苦手。

ラーメン二郎の隠れファンで夜中にお店へバイクで食べに行っているらしい。

2-1d

その他に学生や企業の経営者や工場長や学校の先生や僧侶等が登場していきます。

また後でご紹介します。

さあー 物理や量子力学の冒険へスタート

第2回:取り巻く波っていったいなんだろう?
2話 一般市民向けの物理や量子力学の講演会のいきさつ に移動

 

One Comment

  1. Pingback: 第1回:物理や量子力学へワープ(引き寄せられる)きっかけとは?〔掲載3〕 | WEBぱるマガジン

コメントを残す