加藤隼戦闘隊から子沢山のすすめ

16.加藤隼戦闘隊の後継者

「加藤の前に加藤なく、加藤の後に加藤なし」と讃えられた加藤隼戦闘隊長、加藤建夫は1942年に38歳で亡くなります。 その死後、八木正己が加藤隼戦闘隊を引き継ぎ、1943年2月に戦死するまで約8ケ月、加藤隼戦闘隊を率います

/ One Comment

16.加藤隼戦闘隊の後継者

「加藤の前に加藤なく、加藤の後に加藤なし」と讃えられた加藤隼戦闘隊長、加藤建夫は1942年に38歳で亡くなります。 その死後、八木正己が加藤隼戦闘隊を引き継ぎ、1943年2月に戦死するまで約8ケ月、加藤隼戦闘隊を率います

/ One Comment

15.学校の成績で選ばれた将軍

平家にあらずんば人にあらず、海軍兵学校出身者にあらずんば海軍軍人にあらずと、出身学校による差別が海軍では公然と行われていました。 一般大学出身者を「スペア」と称し、機関学校の出身者を「艦長にもなれず 司令官にもなれず み

/ One Comment

15.学校の成績で選ばれた将軍

平家にあらずんば人にあらず、海軍兵学校出身者にあらずんば海軍軍人にあらずと、出身学校による差別が海軍では公然と行われていました。 一般大学出身者を「スペア」と称し、機関学校の出身者を「艦長にもなれず 司令官にもなれず み

/ One Comment

14.実績で選ばれた将軍:井上貞衛

日露戦争において、黒木為禎大将のもとで後世に残る武勲を立て「花の梅沢旅団」と賞された梅沢道治少将は、平時、役立たずの老大佐として叱り飛ばされていました。 梅沢少将は部隊勤務が30年以上あり現場を良く知っていましたが、弁が

/ One Comment

14.実績で選ばれた将軍:井上貞衛

日露戦争において、黒木為禎大将のもとで後世に残る武勲を立て「花の梅沢旅団」と賞された梅沢道治少将は、平時、役立たずの老大佐として叱り飛ばされていました。 梅沢少将は部隊勤務が30年以上あり現場を良く知っていましたが、弁が

/ One Comment

13.誰に国を任せるか:将軍の選び方

将軍の仕事とは何でしょうか? 一言でいえば「戦場を選ぶ」「時期を選ぶ」「目的を決める」の3つです。 勝つためには、相手の決めた場所やタイミング、戦争目的で戦ってはいけません。 この3つを実行するために将軍は敵と味方を知る

/ One Comment

13.誰に国を任せるか:将軍の選び方

将軍の仕事とは何でしょうか? 一言でいえば「戦場を選ぶ」「時期を選ぶ」「目的を決める」の3つです。 勝つためには、相手の決めた場所やタイミング、戦争目的で戦ってはいけません。 この3つを実行するために将軍は敵と味方を知る

/ One Comment

12.戦争準備とは?

米国のケネディー大統領は 「民主主義国家は戦争準備においてスタートから1~2年の遅れが生じる。このため生き残ろうとするならば、遅れることを十分認識した上で、独立を守る具体的な手段を持たねばならない」 と指摘しています。

/ No comments

12.戦争準備とは?

米国のケネディー大統領は 「民主主義国家は戦争準備においてスタートから1~2年の遅れが生じる。このため生き残ろうとするならば、遅れることを十分認識した上で、独立を守る具体的な手段を持たねばならない」 と指摘しています。

/ No comments

11.親の仕事は就職先と安全の確保

就職氷河期に社会へ出ました。 同期はもとより、上の先輩方も希望した職業に就けず転職を繰り返します。 起業に失敗し音信不通となった友人もいます。 少し後の世代になると好景気に変わったため、就職に成功し安定した生活を築いてい

/ One Comment

11.親の仕事は就職先と安全の確保

就職氷河期に社会へ出ました。 同期はもとより、上の先輩方も希望した職業に就けず転職を繰り返します。 起業に失敗し音信不通となった友人もいます。 少し後の世代になると好景気に変わったため、就職に成功し安定した生活を築いてい

/ One Comment

10.強いインド人と弱い日本人

~卑怯な日本は歴史を繰り返す~ 日本人は争いを嫌います。 「争いを避けているうちに大陸から押し出され極東に住み着いた」と言われるくらい弱い集団です。 お酒に弱くアルコール分解酵素が働かない人の割合が多い。(日本人44%、

/ One Comment

10.強いインド人と弱い日本人

~卑怯な日本は歴史を繰り返す~ 日本人は争いを嫌います。 「争いを避けているうちに大陸から押し出され極東に住み着いた」と言われるくらい弱い集団です。 お酒に弱くアルコール分解酵素が働かない人の割合が多い。(日本人44%、

/ One Comment

9.インパール作戦とインド独立

~8月15日は独立記念日~ 日本政府は「英国インド兵に対する謀略宣伝・切り崩し工作」をインド国民軍に期待しますが、ボースはインド人の手でインドを解放しようとします。 インパール作戦では6,000名のインド国民軍が日本軍と

/ No comments

9.インパール作戦とインド独立

~8月15日は独立記念日~ 日本政府は「英国インド兵に対する謀略宣伝・切り崩し工作」をインド国民軍に期待しますが、ボースはインド人の手でインドを解放しようとします。 インパール作戦では6,000名のインド国民軍が日本軍と

/ No comments

8.インドの英雄チャンドラ・ボース

~日本で最も有名なインド人は誰でしょう?~ 恐らくマハトマ・ガンジーです。 非暴力を貫きインドを独立に導いたガンジー 丸腰が安全、軍事力は外国を刺激すると考える日本人の歴史と精神に合致します。   しかし、イン

/ One Comment

8.インドの英雄チャンドラ・ボース

~日本で最も有名なインド人は誰でしょう?~ 恐らくマハトマ・ガンジーです。 非暴力を貫きインドを独立に導いたガンジー 丸腰が安全、軍事力は外国を刺激すると考える日本人の歴史と精神に合致します。   しかし、イン

/ One Comment

7.インドで最も有名な日本人は?

~007と戦う~ 恐らく藤原岩市でしょう。   藤原は太平洋戦争中、特務機関、F機関を率いた人物です。 「フリーダム」「フレンドシップ」、そして「フジワラ」のFを頭文字としたF機関は、007のジェームズ・ボンド

/ One Comment

7.インドで最も有名な日本人は?

~007と戦う~ 恐らく藤原岩市でしょう。   藤原は太平洋戦争中、特務機関、F機関を率いた人物です。 「フリーダム」「フレンドシップ」、そして「フジワラ」のFを頭文字としたF機関は、007のジェームズ・ボンド

/ One Comment

6.日本の未来は暗いという嘘

~米国はなぜ日本包囲網を準備しているのか~ 少子化により50年後8000万人、100年後には4千万人 国の借金1,000兆円 高齢者の貧困問題、若者の就職難と非正規雇用… 日本の未来は暗いという話が溢れています。 &nb

/ One Comment

6.日本の未来は暗いという嘘

~米国はなぜ日本包囲網を準備しているのか~ 少子化により50年後8000万人、100年後には4千万人 国の借金1,000兆円 高齢者の貧困問題、若者の就職難と非正規雇用… 日本の未来は暗いという話が溢れています。 &nb

/ One Comment

5.子沢山のすすめと戦争

~国に報いる子供の育て方~ 3連休、最終日に2時間だけ自分の時間を持てました。 たった2時間に幸せを感じる、たった2時間に妻は怒りの目を向けます。 家庭を持つと自分の人生を自分のために満喫できなくなります。  

/ One Comment

5.子沢山のすすめと戦争

~国に報いる子供の育て方~ 3連休、最終日に2時間だけ自分の時間を持てました。 たった2時間に幸せを感じる、たった2時間に妻は怒りの目を向けます。 家庭を持つと自分の人生を自分のために満喫できなくなります。  

/ One Comment

4.どうして勉強するの?

~加藤中佐の兄からの手紙~ ・決して怠けるなかれ。遊ぶなかれ。しかして汚きくそ勉強はする必要なし。 なぜ学校の勉強をしなければならないのかと子供に尋ねられると答えに詰まります。   冬休み前、兄の農夫也から弟の

/ One Comment

4.どうして勉強するの?

~加藤中佐の兄からの手紙~ ・決して怠けるなかれ。遊ぶなかれ。しかして汚きくそ勉強はする必要なし。 なぜ学校の勉強をしなければならないのかと子供に尋ねられると答えに詰まります。   冬休み前、兄の農夫也から弟の

/ One Comment

3.国に報いる人は親孝行

~加藤中佐を育てた教育~ 1941年12月から1942年の6月まで、日本は英米などの連合国相手に連戦連勝でした。 日本の勝利は200年以上続いた秩序を破壊します。   先人はなぜ強かったのか?   種

/ One Comment

3.国に報いる人は親孝行

~加藤中佐を育てた教育~ 1941年12月から1942年の6月まで、日本は英米などの連合国相手に連戦連勝でした。 日本の勝利は200年以上続いた秩序を破壊します。   先人はなぜ強かったのか?   種

/ One Comment

2.利己心と親孝行

~加藤の前に加藤なし、加藤の後ろに加藤なし~ 少子高齢化の原因の一つに利己心があります。 「お金を自分のためだけに使いたい」 「独りのほうが気楽」 「希望に合う女性がいない」 「結婚しなくても困ることは無い」 このように

/ 2 Comments

2.利己心と親孝行

~加藤の前に加藤なし、加藤の後ろに加藤なし~ 少子高齢化の原因の一つに利己心があります。 「お金を自分のためだけに使いたい」 「独りのほうが気楽」 「希望に合う女性がいない」 「結婚しなくても困ることは無い」 このように

/ 2 Comments

1.国を滅ぼす移民

~福沢諭吉の学問のすすめから移民を考える~ 2千年以上続いた日本にも滅びが近づいています。 日本の強みは庶民の優秀さにありました。 庶民の強みは数ですが、少子高齢化のため移民に頼ろうとしています。   日本は過

/ No comments

1.国を滅ぼす移民

~福沢諭吉の学問のすすめから移民を考える~ 2千年以上続いた日本にも滅びが近づいています。 日本の強みは庶民の優秀さにありました。 庶民の強みは数ですが、少子高齢化のため移民に頼ろうとしています。   日本は過

/ No comments