気弱な自分に“サラリーマン”“通勤電車”を課す実験と観察

30.その男

その男は、およそ十五年ものあいだ、変わらない“満面の笑み”をたたえている。 大人の十五年ならば、髪や顔の皺に老化を示すものもあるだろうが、全体的には時間の経過を感じさせない。 小太りだがそれ以上肥えることはなく、逆に引き

/ One Comment

30.その男

その男は、およそ十五年ものあいだ、変わらない“満面の笑み”をたたえている。 大人の十五年ならば、髪や顔の皺に老化を示すものもあるだろうが、全体的には時間の経過を感じさせない。 小太りだがそれ以上肥えることはなく、逆に引き

/ One Comment

29.泣く子と地頭には勝てない

・目の前には織田信長 前の回で書いたように、28話は通勤電車に乗りながら原稿を打ち込んでいた。 おかしな出来事には、いつも驚かされるものだが…それにしても、当事者でないときのハプニングは大歓迎だ。 たとえ不謹慎と言われよ

/ One Comment

29.泣く子と地頭には勝てない

・目の前には織田信長 前の回で書いたように、28話は通勤電車に乗りながら原稿を打ち込んでいた。 おかしな出来事には、いつも驚かされるものだが…それにしても、当事者でないときのハプニングは大歓迎だ。 たとえ不謹慎と言われよ

/ One Comment

28.「若気の至り」は免罪符に非ず

それは、またしても椅子取り合戦に敗れたのでつり革につかまり「自分、健康のためにあえて立っているんですよ」アピールに熱心な帰りのことだが、窓からは電車に乗り込む外国人観光客が見えると、急に虫かなんかのように逃げ出したくなっ

/ One Comment

28.「若気の至り」は免罪符に非ず

それは、またしても椅子取り合戦に敗れたのでつり革につかまり「自分、健康のためにあえて立っているんですよ」アピールに熱心な帰りのことだが、窓からは電車に乗り込む外国人観光客が見えると、急に虫かなんかのように逃げ出したくなっ

/ One Comment

27.助けを求めないでください

・目糞鼻糞を笑う 目が悪いうえに夜だったからだと思う。 電車の中でぼんやり外を見ていたら、離れて停車している別の電車が、建物のように夜の背景と同化している。 窓からは明るい屋内が見えたが、そこには気持ち悪いほど人が詰まっ

/ No comments

27.助けを求めないでください

・目糞鼻糞を笑う 目が悪いうえに夜だったからだと思う。 電車の中でぼんやり外を見ていたら、離れて停車している別の電車が、建物のように夜の背景と同化している。 窓からは明るい屋内が見えたが、そこには気持ち悪いほど人が詰まっ

/ No comments

26.年末…やつらが攻めてくる!

・座る人 寝ちゃいけないという祈りが成就しないように、しこたま飲んでおいて座っても降りる駅をはずさないなどということは無い。 絶対に。 なのに、座ってしまった目の前のおっさんは、この先どうするのだろうか。 間違いなく、熱

/ One Comment

26.年末…やつらが攻めてくる!

・座る人 寝ちゃいけないという祈りが成就しないように、しこたま飲んでおいて座っても降りる駅をはずさないなどということは無い。 絶対に。 なのに、座ってしまった目の前のおっさんは、この先どうするのだろうか。 間違いなく、熱

/ One Comment

25.皆何故怒る

・いさかいキライ 諍いはくだらない。つくづくそう思う。 当たり前に誰でも嫌だろうけど、たまに好きだろって思いたくなる人がいる。 好戦的というか、粗暴な人と言えばいいのか、とにかく居る。 みんなは職場とか近所とか身の回りに

/ No comments

25.皆何故怒る

・いさかいキライ 諍いはくだらない。つくづくそう思う。 当たり前に誰でも嫌だろうけど、たまに好きだろって思いたくなる人がいる。 好戦的というか、粗暴な人と言えばいいのか、とにかく居る。 みんなは職場とか近所とか身の回りに

/ No comments

24.座席で寄り掛かってくる人

・実に困った… 電車の座席に座る。 足が疲れていたり、体の具合が悪いときは本当に助かる。 とくに通勤時間は、立っていると動きがかなり制限されるので、座ってリラックスできるのは本当にラッキーなことだと思う。 だが、良いこと

/ One Comment

24.座席で寄り掛かってくる人

・実に困った… 電車の座席に座る。 足が疲れていたり、体の具合が悪いときは本当に助かる。 とくに通勤時間は、立っていると動きがかなり制限されるので、座ってリラックスできるのは本当にラッキーなことだと思う。 だが、良いこと

/ One Comment

23.正解の無い二択問題

今回の話は異なる2つのシーンを、a1→b1→a2→b2と分けている。 読みにくさを感じたなら、a1→a2→b1→b2と順序通りに読んでください。   ・アミ棚は、アミでなくなると「荷棚」と呼ぶらしい(a1) 自

/ One Comment

23.正解の無い二択問題

今回の話は異なる2つのシーンを、a1→b1→a2→b2と分けている。 読みにくさを感じたなら、a1→a2→b1→b2と順序通りに読んでください。   ・アミ棚は、アミでなくなると「荷棚」と呼ぶらしい(a1) 自

/ One Comment

22.曇天であってもカサを持たずにいたい

・カサは嫌いなのです カサを持ちたくないし、できることなら差したくもない。 雨は嫌いではないが、カサが嫌い。 雨…あきらめて差す 小雨…しぶしぶ差す 霧雨…嫌々差す ぱらつく…持たないで強行軍 晴れ…持つわけない 曇り…

/ One Comment

22.曇天であってもカサを持たずにいたい

・カサは嫌いなのです カサを持ちたくないし、できることなら差したくもない。 雨は嫌いではないが、カサが嫌い。 雨…あきらめて差す 小雨…しぶしぶ差す 霧雨…嫌々差す ぱらつく…持たないで強行軍 晴れ…持つわけない 曇り…

/ One Comment

21.どうぞ皆さん、お気をつけください

・自分はなぜ、この人に見覚えあるのか 知らない人に二度会うことは、どの程度あるものなのか。 住んでいる近所であれば、そんな顔だけ知ってる人との遭遇もあるだろう。 朝の通勤電車もそうだ。 この時間、この場所には、こんな奴あ

/ One Comment

21.どうぞ皆さん、お気をつけください

・自分はなぜ、この人に見覚えあるのか 知らない人に二度会うことは、どの程度あるものなのか。 住んでいる近所であれば、そんな顔だけ知ってる人との遭遇もあるだろう。 朝の通勤電車もそうだ。 この時間、この場所には、こんな奴あ

/ One Comment

20.各ポジションの実験と観察

前回、ドア付近のポジションについて問題を提起してみたが、その基礎的情報だけの紹介に留まってしまったので、今回はその実際をお伝えする。 別に大した話ではないのだが二編に分かれてしまったので、一応前文をこうしてつくってみた。

/ One Comment

20.各ポジションの実験と観察

前回、ドア付近のポジションについて問題を提起してみたが、その基礎的情報だけの紹介に留まってしまったので、今回はその実際をお伝えする。 別に大した話ではないのだが二編に分かれてしまったので、一応前文をこうしてつくってみた。

/ One Comment

19.ドア付近のポジショニング考

・乗り降りが大変なんですよ どこかの回で「自分はドア横ポジションが好き」と書いた記憶があるが、今回はその理由のようなことを図説してみたい(もしかしたら車両の奥が好きと書いているかもしれないが)。 下の図はドア横ポジション

/ 2 Comments

19.ドア付近のポジショニング考

・乗り降りが大変なんですよ どこかの回で「自分はドア横ポジションが好き」と書いた記憶があるが、今回はその理由のようなことを図説してみたい(もしかしたら車両の奥が好きと書いているかもしれないが)。 下の図はドア横ポジション

/ 2 Comments

18.酔っ払いの被害者になってみた

・なんという僥倖… 自分は月曜朝の通勤電車の中にいる。 そして珍しいことに座席に座っている。 こんなことは年に一回あるかどうかだ。 そして目の前のつり革ポジションには若い女性がいるが、しゃがんでしまっている。 体調が悪い

/ One Comment

18.酔っ払いの被害者になってみた

・なんという僥倖… 自分は月曜朝の通勤電車の中にいる。 そして珍しいことに座席に座っている。 こんなことは年に一回あるかどうかだ。 そして目の前のつり革ポジションには若い女性がいるが、しゃがんでしまっている。 体調が悪い

/ One Comment

17.進撃の京急「えきめんや」

・京急乗るなら、必ず食べよう 京急といえば、東京~神奈川間をハイテンションで運行する電車として、一般に有名である。 電車が進みすぎて停止位置を超えてしまう「オーバーラン」を始め、ドアの開閉アナウンスの途中で開け閉めし、し

/ One Comment

17.進撃の京急「えきめんや」

・京急乗るなら、必ず食べよう 京急といえば、東京~神奈川間をハイテンションで運行する電車として、一般に有名である。 電車が進みすぎて停止位置を超えてしまう「オーバーラン」を始め、ドアの開閉アナウンスの途中で開け閉めし、し

/ One Comment

16.いつの間にか居場所が無くなる怪

・優先席に若者が… 自分は座席の前でつり革に掴まって立っている。 ドアに近い列の端、乗り降りには邪魔にならないが、そのわりには背中にゴツンゴツン衝撃があったりするポジションだ。 座席は3人掛けの短いシート、察しのいい人は

/ One Comment

16.いつの間にか居場所が無くなる怪

・優先席に若者が… 自分は座席の前でつり革に掴まって立っている。 ドアに近い列の端、乗り降りには邪魔にならないが、そのわりには背中にゴツンゴツン衝撃があったりするポジションだ。 座席は3人掛けの短いシート、察しのいい人は

/ One Comment

15.窮鼠ホゾを噛む

・『阿Q正伝』(魯迅)ですがな JR東海道線の東京駅。 ここは始発駅となるので、帰りの通勤時間帯になると、到着するずいぶん前から列をなして並んでいる。 そして電車の到着後、清掃時間を挟んでドアが開くと、リーマン陣によるイ

/ One Comment

15.窮鼠ホゾを噛む

・『阿Q正伝』(魯迅)ですがな JR東海道線の東京駅。 ここは始発駅となるので、帰りの通勤時間帯になると、到着するずいぶん前から列をなして並んでいる。 そして電車の到着後、清掃時間を挟んでドアが開くと、リーマン陣によるイ

/ One Comment

14.電車で立ったまま寝る技術

それは1999年の梅雨時期のことで、それほど混んでいない東海道線にいた。 くたびれ加減が味を出すほど渋い一人の中高年サラリーマン風体だが、電車で立ったままその男は寝ていた。   ・ 寝ていたいのにカクカクしてつ

/ One Comment

14.電車で立ったまま寝る技術

それは1999年の梅雨時期のことで、それほど混んでいない東海道線にいた。 くたびれ加減が味を出すほど渋い一人の中高年サラリーマン風体だが、電車で立ったままその男は寝ていた。   ・ 寝ていたいのにカクカクしてつ

/ One Comment

13. 500mlの冷や汗掻いたことありますか?

・赤ちゃんは実にかわいい となりにお母さんにだっこされた赤ちゃんがいる。 通勤電車ではたまにしか見当たらないが、やはり赤ちゃんのかわいさは絶大だ。 見れば憎たらしい顔などということはなく、すべて等しくかわいいのが素晴らし

/ 2 Comments

13. 500mlの冷や汗掻いたことありますか?

・赤ちゃんは実にかわいい となりにお母さんにだっこされた赤ちゃんがいる。 通勤電車ではたまにしか見当たらないが、やはり赤ちゃんのかわいさは絶大だ。 見れば憎たらしい顔などということはなく、すべて等しくかわいいのが素晴らし

/ 2 Comments

12.ぴゅぴゅぴゅぴゅうるう

・小汚いおっさんというべきか、歯笛のおっさんと呼ぶべきか 毎日、同じ時間に、同じ駅のホームで出勤していると、常連のようなメンツができたりする。 電車を待つ間、今日もこの人はスポーツ新聞を見ているとか、この人いつも同じ服だ

/ One Comment

12.ぴゅぴゅぴゅぴゅうるう

・小汚いおっさんというべきか、歯笛のおっさんと呼ぶべきか 毎日、同じ時間に、同じ駅のホームで出勤していると、常連のようなメンツができたりする。 電車を待つ間、今日もこの人はスポーツ新聞を見ているとか、この人いつも同じ服だ

/ One Comment

11.自分には、籠もる理由がある

・2014年、記録的大雪の日 2月の7,8日の首都圏は大雪に見舞われ、交通機関は大幅な遅れとなる。 関係あるか知らないけど、株式市場の暴落に付きものの飛び込み自殺もあり、各地で移動難民が発生したという。 しかし記録的大雪

/ One Comment

11.自分には、籠もる理由がある

・2014年、記録的大雪の日 2月の7,8日の首都圏は大雪に見舞われ、交通機関は大幅な遅れとなる。 関係あるか知らないけど、株式市場の暴落に付きものの飛び込み自殺もあり、各地で移動難民が発生したという。 しかし記録的大雪

/ One Comment

10.酔っ払いクロニクル

・1974年の泥酔中年 今から40年前の電車の様子はというと、JR線は国鉄などと呼ばれ、男はモクモクさせてタンツバを吐き、女子供はそれを避けるように注意を払って電車を待っていた。 うっかり踏んでぬるっとさせる感覚はまだ覚

/ One Comment

10.酔っ払いクロニクル

・1974年の泥酔中年 今から40年前の電車の様子はというと、JR線は国鉄などと呼ばれ、男はモクモクさせてタンツバを吐き、女子供はそれを避けるように注意を払って電車を待っていた。 うっかり踏んでぬるっとさせる感覚はまだ覚

/ One Comment

9.偽善にも三分の理

・善行は実にいい気分だ 目の前の年寄りに席を譲った。 これだけのことだ。 だが自分が責められている。 おかしい。 どう考えてもおかしいが何がいけなかったのか。   自分はロングシートに座っている ↓ かなり高齢

/ One Comment

9.偽善にも三分の理

・善行は実にいい気分だ 目の前の年寄りに席を譲った。 これだけのことだ。 だが自分が責められている。 おかしい。 どう考えてもおかしいが何がいけなかったのか。   自分はロングシートに座っている ↓ かなり高齢

/ One Comment

8.ドア前の攻防戦

・ドア前の仁王立ちは危険です ドア前のおじちゃんが降りてくれない。 ラッシュアワーの山手線・東京駅ですが…。 法やマナーというほどではないけど、“暗黙の了解”というのが電車にはあったりする。 おしゃべりなんかは別に迷惑乗

/ 2 Comments

8.ドア前の攻防戦

・ドア前の仁王立ちは危険です ドア前のおじちゃんが降りてくれない。 ラッシュアワーの山手線・東京駅ですが…。 法やマナーというほどではないけど、“暗黙の了解”というのが電車にはあったりする。 おしゃべりなんかは別に迷惑乗

/ 2 Comments

7.なぜ、オババは座席キープが神懸かり的なのか

このwebマガジンを編集している“中の人”から、「役に立つ話なんか、滑稽だから止めた方がいいですよ」と言われたことがあり、そのサイト趣旨の言わんとしていることはわかるのだが、制止を振り切ってあえて役に立つ話を今回したいと

/ One Comment

7.なぜ、オババは座席キープが神懸かり的なのか

このwebマガジンを編集している“中の人”から、「役に立つ話なんか、滑稽だから止めた方がいいですよ」と言われたことがあり、そのサイト趣旨の言わんとしていることはわかるのだが、制止を振り切ってあえて役に立つ話を今回したいと

/ One Comment

6.痴漢の被害者

・「してる」「してない」は関係ないという事実 「あなた触りましたね!」 「この人痴漢です!」 自分が痴漢行為をしているなら自業自得の逮捕でいいが、まったく身に覚えがない。 いわゆる痴漢えん罪のケースだ。 身に覚えがないの

/ One Comment

6.痴漢の被害者

・「してる」「してない」は関係ないという事実 「あなた触りましたね!」 「この人痴漢です!」 自分が痴漢行為をしているなら自業自得の逮捕でいいが、まったく身に覚えがない。 いわゆる痴漢えん罪のケースだ。 身に覚えがないの

/ One Comment

5.電車我物故割れた!

・8月12日のゴロゴロ テレビなど様々なメディアでニュースになったが、8/12の関東地方は午後から夜、深夜にかけて集中的な雷雨に見舞われた。 気温40度の騒ぎでの久しぶりの雨なので大歓迎だったものの、例外もなかには居て、

/ One Comment

5.電車我物故割れた!

・8月12日のゴロゴロ テレビなど様々なメディアでニュースになったが、8/12の関東地方は午後から夜、深夜にかけて集中的な雷雨に見舞われた。 気温40度の騒ぎでの久しぶりの雨なので大歓迎だったものの、例外もなかには居て、

/ One Comment

4.肉芽物故割れた!

・よんどころなく奥へ奥へ その日は時差出勤で、サラリーマンの通勤電車というより学生の通学電車という時間帯。 混んでいるわけではないが、別に座れるわけもなくつり革もだいたい埋まってる感じだ。 この先もどうせ混まないのであれ

/ One Comment

4.肉芽物故割れた!

・よんどころなく奥へ奥へ その日は時差出勤で、サラリーマンの通勤電車というより学生の通学電車という時間帯。 混んでいるわけではないが、別に座れるわけもなくつり革もだいたい埋まってる感じだ。 この先もどうせ混まないのであれ

/ One Comment

3.濡れ傘吸引能力者

・傘、お前なぜくっつくか 濡れた傘が当たるのが辛い。 ヒトによっては気にしたことがないらしいのだが、この梅雨時期なんかにびっちょり水気を帯びた傘が足にピタッとされてイヤでないはずがない。 あまり細かいことにキャンキャン声

/ One Comment

3.濡れ傘吸引能力者

・傘、お前なぜくっつくか 濡れた傘が当たるのが辛い。 ヒトによっては気にしたことがないらしいのだが、この梅雨時期なんかにびっちょり水気を帯びた傘が足にピタッとされてイヤでないはずがない。 あまり細かいことにキャンキャン声

/ One Comment

2.酔っ払いの流儀

・熱い時代の酔客 夜の電車と酔客はある種セットのようなものだが、それなりにサラリーマンを続けていれば印象深い酔客との遭遇確率が高くなっていく。 バブリーな昔の時代の酔客といえば、今と違って、大声で歌を歌う者、盛大に殴り合

/ One Comment

2.酔っ払いの流儀

・熱い時代の酔客 夜の電車と酔客はある種セットのようなものだが、それなりにサラリーマンを続けていれば印象深い酔客との遭遇確率が高くなっていく。 バブリーな昔の時代の酔客といえば、今と違って、大声で歌を歌う者、盛大に殴り合

/ One Comment

1.重いコンダラが…

・自分は頼られているのだろうか 通勤車中なのだが、後ろの人に寄り掛かられている。 迷惑行為か犯罪なのかよくわからないが、地味にダメージを感じるこの寄り掛かり。 つり革とか手すりに掴まっていればオオゴトにはならないのに、な

/ No comments

1.重いコンダラが…

・自分は頼られているのだろうか 通勤車中なのだが、後ろの人に寄り掛かられている。 迷惑行為か犯罪なのかよくわからないが、地味にダメージを感じるこの寄り掛かり。 つり革とか手すりに掴まっていればオオゴトにはならないのに、な

/ No comments