お能大好きの能女です――「道成寺」のなぞを追え!

23.道成寺の見所① 鐘を吊る

お能の始まりには、まずお調べ(幕の内で笛や鼓を鳴らす音)が聞こえくる。 それから囃子方が橋ガカリを通って、地謡は切戸をくぐって出てくる。 囃子方も地謡も、普段なら黒紋付きのいでたちだが、「道成寺」の舞台では裃(かみしも)

/ One Comment

23.道成寺の見所① 鐘を吊る

お能の始まりには、まずお調べ(幕の内で笛や鼓を鳴らす音)が聞こえくる。 それから囃子方が橋ガカリを通って、地謡は切戸をくぐって出てくる。 囃子方も地謡も、普段なら黒紋付きのいでたちだが、「道成寺」の舞台では裃(かみしも)

/ One Comment

22.道成寺は特別な曲――披き、連帯感

「道成寺」のプログラムを見ると、役者名に「披き」と書き添えられていることがある。 その役者が、この曲を初めて演じるという意味なのだが、どんな曲でも「披き」と断るわけではない。   ・「披き」とは?  習い(師匠

/ One Comment

22.道成寺は特別な曲――披き、連帯感

「道成寺」のプログラムを見ると、役者名に「披き」と書き添えられていることがある。 その役者が、この曲を初めて演じるという意味なのだが、どんな曲でも「披き」と断るわけではない。   ・「披き」とは?  習い(師匠

/ One Comment

21.改めて、能「道成寺」の魅力

これまで20回にわたり、「道成寺」の成り立ちや物語の構成について、資料や文献を引きつつ、あれこれと探ってきた。 これでこの能の背景はスッカリ理解できた! ということにして、ここからは「道成寺」の舞台へと探索の手を進めてま

/ One Comment

21.改めて、能「道成寺」の魅力

これまで20回にわたり、「道成寺」の成り立ちや物語の構成について、資料や文献を引きつつ、あれこれと探ってきた。 これでこの能の背景はスッカリ理解できた! ということにして、ここからは「道成寺」の舞台へと探索の手を進めてま

/ One Comment

20.ちょっと道草② 蛇ではなく龍になる―「華厳祖師絵伝」の善妙

・〈恋慕→変身〉でも「道成寺」とは正反対の展開 道草ついでにもう一つ。 京都栂尾の高山寺に伝わる『華厳祖師絵伝』に出てくる善妙という女性に注目してみたい。 善明もまた「僧侶に恋慕して迫る」「僧侶を追って水に飛び込み変身す

/ One Comment

20.ちょっと道草② 蛇ではなく龍になる―「華厳祖師絵伝」の善妙

・〈恋慕→変身〉でも「道成寺」とは正反対の展開 道草ついでにもう一つ。 京都栂尾の高山寺に伝わる『華厳祖師絵伝』に出てくる善妙という女性に注目してみたい。 善明もまた「僧侶に恋慕して迫る」「僧侶を追って水に飛び込み変身す

/ One Comment

19.ちょっと道草①「蛇」は女で決まりなのか―「白蛇伝」と「三輪」

・蛇が女に化けた「白蛇伝」 女が蛇と化した「道成寺」とは逆に、蛇が女に化けたって話もある。 中でもポピュラーなのが「白蛇伝」。 中国の代表的な説話の一つで京劇にもなっているし、日本でも1958年に東映がアニメ映画として制

/ No comments

19.ちょっと道草①「蛇」は女で決まりなのか―「白蛇伝」と「三輪」

・蛇が女に化けた「白蛇伝」 女が蛇と化した「道成寺」とは逆に、蛇が女に化けたって話もある。 中でもポピュラーなのが「白蛇伝」。 中国の代表的な説話の一つで京劇にもなっているし、日本でも1958年に東映がアニメ映画として制

/ No comments

18.結局、根本は女だ!―キーワードを整理してみよう

これまで、能「道成寺」に関わるさまざまな説話や芸能を挙げてきましたが、このへんで一度整理しておきましょう。 「道成寺」を構成する6つのキーワード(→第4回)にそって表組にまとめると……。 ・『道成寺縁起』→山伏神楽「鐘巻

/ One Comment

18.結局、根本は女だ!―キーワードを整理してみよう

これまで、能「道成寺」に関わるさまざまな説話や芸能を挙げてきましたが、このへんで一度整理しておきましょう。 「道成寺」を構成する6つのキーワード(→第4回)にそって表組にまとめると……。 ・『道成寺縁起』→山伏神楽「鐘巻

/ One Comment

17.女はなぜ鐘に執着するのか―そこに垣間見る能「道成寺」成り立ち

・男そっちのけで「鐘の音」に執着する矛盾 能「鐘巻」や「道成寺」は、鐘を巡る動きから考えると「道成寺縁起」より山伏神楽の「鐘巻」を下敷きにしたと見るほうがしっくりくる、と前回述べた。 その流れを思わせる節が、能「鐘巻」の

/ 2 Comments

17.女はなぜ鐘に執着するのか―そこに垣間見る能「道成寺」成り立ち

・男そっちのけで「鐘の音」に執着する矛盾 能「鐘巻」や「道成寺」は、鐘を巡る動きから考えると「道成寺縁起」より山伏神楽の「鐘巻」を下敷きにしたと見るほうがしっくりくる、と前回述べた。 その流れを思わせる節が、能「鐘巻」の

/ 2 Comments

16.山伏神楽の「鐘巻」―女の鐘入りの原型?

・山伏神楽にも「鐘巻(道成寺)」があった 山伏神楽とはその名の通り、修験道の山伏たちが人々を教化するために演じた芸能で、起源は能楽と同じく南北朝期に遡る。 別名「修験能」とも呼ばれて、長らく山伏によって演じ継がれてきたも

/ One Comment

16.山伏神楽の「鐘巻」―女の鐘入りの原型?

・山伏神楽にも「鐘巻(道成寺)」があった 山伏神楽とはその名の通り、修験道の山伏たちが人々を教化するために演じた芸能で、起源は能楽と同じく南北朝期に遡る。 別名「修験能」とも呼ばれて、長らく山伏によって演じ継がれてきたも

/ One Comment

15.「鐘巻」「道成寺」は、なぜ後日譚?

・ところで、なぜ後日譚なのか? 「鐘巻」と「道成寺」は乱拍子の有無など、演出にはかなり違いがあるが、ストーリー展開としてはほぼ重なる。 いずれも安珍清姫伝説の後日譚で、くだんの女が因縁の鐘に執着して現れる。 ところでこの

/ One Comment

15.「鐘巻」「道成寺」は、なぜ後日譚?

・ところで、なぜ後日譚なのか? 「鐘巻」と「道成寺」は乱拍子の有無など、演出にはかなり違いがあるが、ストーリー展開としてはほぼ重なる。 いずれも安珍清姫伝説の後日譚で、くだんの女が因縁の鐘に執着して現れる。 ところでこの

/ One Comment

14.「鐘巻」から「道成寺」へ、原動力は世阿弥の孫 !?

・まず「鐘巻」の成立は? 「道成寺」の作者や成立年代は不明となっているが、その原曲が「鐘巻」だとすると、「鐘巻」の成立はいつなのか。 資料をひもといてみると、「鐘巻」が初めて記録上にあらわれるのは、第10回に紹介した『能

/ One Comment

14.「鐘巻」から「道成寺」へ、原動力は世阿弥の孫 !?

・まず「鐘巻」の成立は? 「道成寺」の作者や成立年代は不明となっているが、その原曲が「鐘巻」だとすると、「鐘巻」の成立はいつなのか。 資料をひもといてみると、「鐘巻」が初めて記録上にあらわれるのは、第10回に紹介した『能

/ One Comment

13.黒川能の「鐘巻」は原型を伝えるか?

・「鐘巻」って見られるの? 「鐘巻」は江戸期以降、廃曲になっている。 ではまったく観られないかというと、1992年に法政大学能楽研究所が復曲しているので、以後たまに上演されることもあるのだ。 残念ながら私は見ていないけど

/ One Comment

13.黒川能の「鐘巻」は原型を伝えるか?

・「鐘巻」って見られるの? 「鐘巻」は江戸期以降、廃曲になっている。 ではまったく観られないかというと、1992年に法政大学能楽研究所が復曲しているので、以後たまに上演されることもあるのだ。 残念ながら私は見ていないけど

/ One Comment

12.「道成寺建立の縁起」―そこにも1人の女の存在が……

・道成寺建立の縁起って? 鐘供養に現れた白拍子の女は、まんまと女人禁制の境内に入ると、舞いながら道成寺建立の縁起を謡う。 前回ふれたように、能「道成寺」では乱拍子に主眼が置かれ、縁起語りは超省略形になっているけど、それで

/ One Comment

12.「道成寺建立の縁起」―そこにも1人の女の存在が……

・道成寺建立の縁起って? 鐘供養に現れた白拍子の女は、まんまと女人禁制の境内に入ると、舞いながら道成寺建立の縁起を謡う。 前回ふれたように、能「道成寺」では乱拍子に主眼が置かれ、縁起語りは超省略形になっているけど、それで

/ One Comment

11.古能「鐘巻」との比較―「道成寺」はストーリーを捨てた?

・「鐘巻」とは? 「鐘巻」というのは「道成寺」の原曲とされる古い能で、すでに江戸時代には廃曲となっている。 だからほとんど上演されることはないのだけど、残っている謡本を見る限り、ストーリーとしては「道成寺」とほぼ重なって

/ One Comment

11.古能「鐘巻」との比較―「道成寺」はストーリーを捨てた?

・「鐘巻」とは? 「鐘巻」というのは「道成寺」の原曲とされる古い能で、すでに江戸時代には廃曲となっている。 だからほとんど上演されることはないのだけど、残っている謡本を見る限り、ストーリーとしては「道成寺」とほぼ重なって

/ One Comment

10.能「道成寺」の作者はだれ?

・そもそも著作権なんて意識のない時代で 能「道成寺」が道成寺縁起を本説としているのは、まず間違いのないところ。 ですが、その道成寺縁起をひもといてみれば、道成寺と日高川を支点として尾ひれがついたり、転変したり……。 もと

/ One Comment

10.能「道成寺」の作者はだれ?

・そもそも著作権なんて意識のない時代で 能「道成寺」が道成寺縁起を本説としているのは、まず間違いのないところ。 ですが、その道成寺縁起をひもといてみれば、道成寺と日高川を支点として尾ひれがついたり、転変したり……。 もと

/ One Comment

9.能「道成寺」では「川」の存在感ってどう?

・あくまで「鐘」が焦点ですけど…… 能「道成寺」は、僧が焼き殺された事件そのものではなく、後日譚として話が展開するので、女が川渡りで蛇になったのも過去のこと。 くだんの女は美しい白拍子として現れ出で、蛇体に変身する場は「

/ One Comment

9.能「道成寺」では「川」の存在感ってどう?

・あくまで「鐘」が焦点ですけど…… 能「道成寺」は、僧が焼き殺された事件そのものではなく、後日譚として話が展開するので、女が川渡りで蛇になったのも過去のこと。 くだんの女は美しい白拍子として現れ出で、蛇体に変身する場は「

/ One Comment

8.「僧」と「女」という葛藤―「僧」を捨てれば解決!

・事件の根源は「僧」と「女」 迫る女に、逃げる男、これが悲劇の構図です。 何で逃げるかと言えば、男は「僧」であり、「女犯」を禁じられているため。 もちろん、俗世の男女であっても好き嫌いがあるので、女を嫌って逃げ出す男もい

/ One Comment

8.「僧」と「女」という葛藤―「僧」を捨てれば解決!

・事件の根源は「僧」と「女」 迫る女に、逃げる男、これが悲劇の構図です。 何で逃げるかと言えば、男は「僧」であり、「女犯」を禁じられているため。 もちろん、俗世の男女であっても好き嫌いがあるので、女を嫌って逃げ出す男もい

/ One Comment

7.道成寺縁起の異本―「日高川草子」の場合

・こっちは「賢学・花姫」です 「日高川草子」について、もう少しひもといてみましょう。 まあ、道成寺縁起の異本とされるだけあって確かに、①僧、②迫る女、③約束、④川、⑤蛇、⑥鐘という、6つのキーワードをすべて備えてはいるの

/ One Comment

7.道成寺縁起の異本―「日高川草子」の場合

・こっちは「賢学・花姫」です 「日高川草子」について、もう少しひもといてみましょう。 まあ、道成寺縁起の異本とされるだけあって確かに、①僧、②迫る女、③約束、④川、⑤蛇、⑥鐘という、6つのキーワードをすべて備えてはいるの

/ One Comment

6.道成寺と日高川―「鐘」と「川」の系統

・「道成寺縁起」に「川」が加わったのはなぜ? 『大日本法華経験記』や『今昔物語』『元亨釈書』の道成寺話には出てこない「川」。 『道成寺縁起絵巻』に至ってこれが加わり、しかも「女が蛇と化す」という重要な「場」となっています

/ One Comment

6.道成寺と日高川―「鐘」と「川」の系統

・「道成寺縁起」に「川」が加わったのはなぜ? 『大日本法華経験記』や『今昔物語』『元亨釈書』の道成寺話には出てこない「川」。 『道成寺縁起絵巻』に至ってこれが加わり、しかも「女が蛇と化す」という重要な「場」となっています

/ One Comment

5.尾ひれ・転々「道成寺説話」―突如「川」が加わった

・道成寺伝説の出発点『大日本国法華経験記』―「川」なし 「道成寺」の話の出どころとされるのが、平安時代長久年間(1040-1044年)に、鎮源という僧が編んだ『大日本国法華経験記』で、この中の「紀伊国牟婁郡(むろのこおり

/ 2 Comments

5.尾ひれ・転々「道成寺説話」―突如「川」が加わった

・道成寺伝説の出発点『大日本国法華経験記』―「川」なし 「道成寺」の話の出どころとされるのが、平安時代長久年間(1040-1044年)に、鎮源という僧が編んだ『大日本国法華経験記』で、この中の「紀伊国牟婁郡(むろのこおり

/ 2 Comments

4.「道成寺」迷宮への6つのキーワード

・文学、芸能、いろいろあります「道成寺もの」 「道成寺」というテーマの大きさは、これをモチーフにした作品群の多さでも実感できます。 説話、戯作から、三島由紀夫の『近代能楽集』はじめ、現代作家の小説・戯曲にいたるまで、さま

/ One Comment

4.「道成寺」迷宮への6つのキーワード

・文学、芸能、いろいろあります「道成寺もの」 「道成寺」というテーマの大きさは、これをモチーフにした作品群の多さでも実感できます。 説話、戯作から、三島由紀夫の『近代能楽集』はじめ、現代作家の小説・戯曲にいたるまで、さま

/ One Comment

3.「乙女の恋の物語です」ってマジ?

 ・能「道成寺」はエンターテイメント 「道成寺縁起」と、能「道成寺」、いずれも女の執心をテーマに、蛇と鐘を絡ませるってところは同じです。 が、その焦点はかなりズレている。 まず、能「道成寺」の方は後日談となっているため、

/ 2 Comments

3.「乙女の恋の物語です」ってマジ?

 ・能「道成寺」はエンターテイメント 「道成寺縁起」と、能「道成寺」、いずれも女の執心をテーマに、蛇と鐘を絡ませるってところは同じです。 が、その焦点はかなりズレている。 まず、能「道成寺」の方は後日談となっているため、

/ 2 Comments

2.でもって、能「道成寺」の筋はこうなってます

前回の『道成寺縁起絵巻』(重文)は、詞書きが後小松院、絵は土佐光興の筆になるとの伝。 これは眉唾だそうですが、絵も詞書きも面白く、ユーモラスでありながらその迫力はかなりのもの。 ただし説話の主眼は仏法のありがたさ、熊野権

/ One Comment

2.でもって、能「道成寺」の筋はこうなってます

前回の『道成寺縁起絵巻』(重文)は、詞書きが後小松院、絵は土佐光興の筆になるとの伝。 これは眉唾だそうですが、絵も詞書きも面白く、ユーモラスでありながらその迫力はかなりのもの。 ただし説話の主眼は仏法のありがたさ、熊野権

/ One Comment

1.「道成寺」ってどんな話? 絵巻で語りましょう。

そもそも「道成寺」とはどういう話なのか? まずはここからですね。 能「道成寺」のもととなる道成寺説話の成立は古く、『大日本国法華経験記』(11世紀半ば)や『今昔物語』などに記されています。 そして室町時代の応永年間―ちょ

/ No comments

1.「道成寺」ってどんな話? 絵巻で語りましょう。

そもそも「道成寺」とはどういう話なのか? まずはここからですね。 能「道成寺」のもととなる道成寺説話の成立は古く、『大日本国法華経験記』(11世紀半ば)や『今昔物語』などに記されています。 そして室町時代の応永年間―ちょ

/ No comments